教習所の料金、相場

教習所に通うとなるとまず必要なのは料金です。
どうせならお得に免許を取得したいですよね。

でもどうして同じ免許を取得するのに教習所によって料金が違うのでしょう?

①教習内容の違い?
②サービスの違い?
③教習車の違い?

正直、どれも大きな違いはほとんどありません。

ただ、大きな変化があるとすると、通学免許と合宿免許だと料金に関して大きな違いがあります。

合宿免許の場合、通学免許と比べて10万近くの料金の違いがあるのです。

ではなぜ通学免許と合宿免許では費用に大きな差が出てくるのかというと、それは
合宿免許の場合は短期間で免許を取得することを目的としているので、

入校から卒業までの期間が短い。
まとめて授業を詰め込むので教官、教習車の空を作ることが無い。

というのが大きなポイントになると思います。
合宿免許になると教習所側がスケジュールを管理します。
短期間で教習が終了するので回転率もよく利益が増えるということになるのです。
通学免許の場合は教習生のスケジュールに合わせて教習所が動かなければいけません。
いつ入るかわからない予約のために、教官の時間や教習車の準備をしておかなければいけないコストを考えると短期間で無駄のない合宿免許は教習所にとってもお得なプランになるということなのです。

通学免許の教習料金の相場

通学免許の教習所の相場は、

「30万円前後」が妥当だと思います。

多少の金額の違いがあります。
また、追加料金など後から発生する費用があったりします。
出来るだけ近くで出来るだけ安く教習所に通うためには下調べが必重要になるという事です。

またサービスの違いに関しては、
教官を指名出来たり、
安心パックという追加料金が発生しないプランがあったり、
支払いにはローンや各クレジットカードが利用できたり、
無料で利用できる託児所があったり、

また、一つの教習所の中にもプランが様々あります。
追加料金が発生しない安心プランや、通学教習でも短期で免許取得なプランなど、教習所によって特色も違いますので、プランの内容を細かくチェックする必要があります。
料金や場所で選ぶ際に自分に合ったプランを用意している教習所か、という事を調べてみる必要があります。

細かいところになるとホームページを見て比較するだけではなく教習所に出向いてみて説明を聞いたり、無料で体験できる場合は体験してみたりと下調べをすることが必要です。

合宿免許の教習料金の相場

合宿免許の場合、相場はありません。
時期、内容、場所によってかなりの違いがあり、

「17万円~30万円弱」と大きな違いがあります

一番安いプランの一例だと、
シーズンオフの自炊プラン 16万8千円
というプランがあります。

自炊プランというのは、ホテルや食堂のある宿舎に泊まるのではなく、家電付きのマンションに宿泊し食事は近くにあるスーパーやコンビニで食材を買い自炊をするプランになります。

高いプランの場合は教習所が込み合う春休みや夏休みなどで3食食事付きや温泉付き、観光付きなどレジャーとしても楽しめるようなプランになると思います。

また通学の教習所の場合は家や学校、職場の近くで通える範囲の教習所が比較対象になりますが、合宿の場合は通える範囲が広がります。

多くの合宿免許を扱っている教習所の場合、家から教習所までの交通費を支給してくれます。
上限がある場合が多いのであまり遠く、(関西から東北の教習所や、関東から九州の教習所など)の場合は交通費は実費負担が増えますが上限範囲内であれば比較対象になる教習所の数はかなり多いと思います。

その中で安いプランを選べば17万円前後での教習が可能になります。
※自炊プランになるので合宿中の食費は実費負担になります。

お支払方法が選べる

通学教習の相場が「30万円前後」
合宿教習の相場が「17万円から30万円」

とても大金になり、お金を用意するのも大変です。
でもお金を貯める間、ずっと待っているのも時間がもったいないですよね?

教習所にもよりますが、クレジットカードやローンの取り扱いがある場合があります。
支払いを数か月遅らせるプランや、教習所に入学する前から積立が出来るプランなどもあったりします。

クレジットカードで払えば分割払いやリボ払いも可能ですし、ポイントが貯まってちょっとお得だったりしますよね。
金利が掛かってきたりするので、一括で払う事を考えると一概にお得とは言えませんが、大金を用意できない場合は分割でお支払できると助かります。
追加費用が発生したりする場合がありますので、入学の際にプランの内容など詳しく説明してもらいましょう。

色々比較するのも面倒な場合

ホームページをくまなく見たり、出向いて説明を聞いたりしていると頭がパンクしそうなぐらい情報が入ってきて整理するのが大変ですよね。
そういう場合は、まず比較検討対象の教習所にパンフレットをもらうという方法がいいと思います。
各教習所のパンフレットを手に入れて、中をイロイロ見てメモなど気になるところに書いて貼っていきましょう。
パンフレットは教習所に行くと必ず手に入りますが、各教習所を回るのも面倒だと思うのでホームページから資料請求したり、電話で郵送をお願いしたりして集めると楽に手に入ります。
パンフレットを集めたうえで、比較対象を絞り、教習所に行って説明を聞いたり、無料体験をしたりしてみると頭の中がすっきり整理されて正しい比較が出来ると思います。

わざわざ出向くのも面倒、というズボラさんには資料を集めたうえで教習所に電話をして説明をしてもらいましょう。
わかりやすく説明してくれると思いますし、電話だと出向くこともしなくていいので家の中で済みますよね。

合宿免許も同様です。
合宿免許の場合は出向いて説明を聞く、というのがそもそも無理なのでネットや電話で資料請求をしましょう。
資料を見て不明点があれば電話すれば説明してくれるはずです。

インターネットなどを使用するとどのページにどの内容が書いてあるか、記憶したりメモしたりするのが面倒だったり、間違えていた場合、間違った情報のまま入校してしまって後戻りできない・・・などというトラブルになってしまう場合があるのでやっぱり資料請求は大事だと思います。

まとめ

教習所は様々。
料金も様々ですが、サービス、プランなども様々です。
どこに通ってもみんな同じ免許が手に入りますが、出来たら自分に合ったお得な教習所に通いたいですよね。
自分に合った、楽しい教習所生活を探してみましょう。