車の運転ってむずかしい?

教習所に通おうとしている人ほとんどの人が車のハンドルを握るのが初めてです。
遊園地のゴーカートやゲームセンターのカーレースのハンドルを握ったことはある人もいると思いますが、正直それは別物です。

車の運転は、難しいと感じる人が多いのではないでしょうか?
ただ、教習所に通い、運転免許試験センターで試験を受けた人のほとんどが免許を手に出来ています。
各検定試験に何度落ちたかは置いといて。

世の中の車を運転している人がみんな持っている運転免許なので、免許取得自体は特に難しいというわけではないのかもしれません。

運動神経は関係ありません

自分は運動神経が悪いから、と心配していませんか?
車の運転には運動神経は関係ないんです。
車を運転するのに力はいりませんし、瞬発力もそんなに必要ありません。
そのためには安全運転をするというのが大前提ですが。

車の免許を取得して、運転するのが怖くて車の運転を避けていたら、もっと怖くなって運転できなくなってしまって結局ペーパードライバーになってしまった、という話はよく聞きます。
車の運転は自転車の運転と一緒で慣れれば大丈夫なんです。

慣れるまでの時間は運動神経とちょっと比例することもあるかもしれませんが、運動神経が悪いから運転が出来ない、という事はありません。

怖がりすぎない事が大事です。

車は時に凶器になると怖がりすぎないで、安全運転をすれば快適に移動できるとっても便利な乗り物です。
怖がりすぎて周りが見えなくなると余計に危ないので、心に余裕をもって落ち着いてハンドルを握ることが大事です。

初めて教習車に乗るときは、もちろん緊張します。
でも教官もそれをわかってくれますので、焦らず教官の話しをちゃんと聞きましょう。
不明点があったり、聞き逃しがあったらその場で質問すること。
あとから「今更こんなこと聞けない」なんて事が増えると大変なので、どんな些細な事でもいいので不安に思ったらすぐに質問しましょう。

普段から車に乗るときは助手席に座りましょう。

もうすぐ教習所に通う、という場合は普段家族が運転している車に乗るときに積極的に助手席に座り運転している様子を観察してください。
アクセルの踏み具合、ハンドル、ブレーキの感覚など。
他にも、運転手がどこを見ているかなど。
標識なども注意して見てください。
参考にできる事がたくさんあると思います。

ただ、家族の運転と教習所で習う運転は多少違うところがあるかもしれません。
例えばハンドルを持つ場所など。
家族は上や下を持っていても、教習所で教えられるのはハンドルの真ん中の左右。
よく言う「9時15分」の持ち方です。
ちょっと昔は「10時10分」と言われていたのですが、今は「9時15分」やハンドルの真ん中からやや下「8時20分」とも言われています。

教習所では基本的な事を習う場なので、家族の運転は参考として観察し、教習所では教官の言う事を忠実に習い、教習所を卒業してからは自分の運転で快適な方法を選んでください。

慣れることが大事です。

運転免許を持っていても、普段運転する車より大きな車を運転するときは緊張します。
左右前後の間隔が違っていたり、運転座席の高さ、ハンドルの角度も変わってきます。
シフトレバーの場所、サイドブレーキの場所なども違う車があると思います。

でも、運転してみない事には慣れません。
免許を取って初めて乗る車は小さい車がいいと思うかもしれませんが、小さい車も大きい車も慣れれば難しさはほとんど変わりません。
小さい車ばかりを運転していると大きい車を運転することに怖さを覚えるかもしれません。
逆に大きい車に慣れてしまえば、小さい車を運転するときに多少の違いは感じるかもしれませんが「怖い」という思いは無いと思います。

大きなダンプカーも通っている道です。
ちょっと大きな乗用車ぐらいは普通に走れます。
ウチには大きな車しかないから運転するのが怖い、と運転を避けているとペーパードライバーになってしまいます。
せっかく免許をとっても何の役にも立たなくなってしまうなんてもったいないですよね。
運転する機会があるなら積極的に車を運転してみましょう。

必要以上に運転しましょう

運転する機会が無いからと、運転しないでいてペーパードライバーになってしまうなんてもったいないです。
免許を取得したら積極的に運転しましょう。
いつも行かない場所に買い物に行ったりしてみましょう。

もちろん初心者なので事前に通る道のリサーチは完璧に、助手席にはベテランドライバーに座ってもらいましょう。

免許取得後に高速道路を走れないドライバーも多いようです。
教習所でも高速教習は1度きりです。
合流するのが怖いから高速は乗れないという声も多いです。

普通道路を走ることに慣れてきたら、積極的に高速道路にも乗ってみましょう。
もちろん、どこから乗ってどこから降りるなど道のリサーチ、交通量の少ない時間帯、雨の日は避けるなど準備も必要です。

車の運転は慣れないと上達しません。
機会が無いなら自分から作って、積極的に運転するようにしましょう。

ちなみに

若葉マークは免許1年間つけないといけないという義務ですが、運転に自信が無いのであれば2年目でもつけていても大丈夫です。
ペーパードライバーの運転の場合でもつけるといいと思います。
若葉マークのついている車の前には無理に割り込んだり、幅寄せしたりしてはいけないと道路交通法でも禁止されているので、安心して運転できると思います。