ホットヨガの後に頭痛になる人へ

ホットヨガをしたら頭痛になったという話は多く聞かれます。
ただ、頭痛になる以外、体内のデトックスやむくみの解消、爽快感、ストレスの解消などホットヨガで得られる快感は大きなものだと思います。
頭痛にさえならなければ!とホットヨガを断念されている方も多いのではないでしょうか?

ホットヨガとは

室温39度前後、湿度60%前後に保たれたホットスタジオでヨガを行う事をホットヨガといいます。
部屋にいて寝転がっているだけでじんわり汗が出て来るぐらいの温度と湿度です。
筋肉が一番柔らかくなる環境だと言われています。
体を温めて代謝を上げ、大量の汗をかくことでデトックス効果、肩こり、むくみ、便秘解消、冷え性改善など女性に嬉しい効果が期待できます。

ヨガの経験はありますか?

ホットヨガを始める前に、まずヨガの経験はありますか?
ヨガはリラクゼーションやストレッチ系のゆったりとしたものから、体幹トレーニングを含んだパワー系のものまであります。
ヨガ初心者がホットヨガをすると室温になれる事プラスヨガトレーニングの負荷がダブルでかかり体力の消耗が倍増します。
まずは普通のヨガにチャレンジし、慣れてからホットヨガにチャレンジしてみましょう。

体調はいいですか?

ホットヨガは体にかかる負担が大きいです。
そのため効果が大きいという事もあるのですが、体調が悪いときは避けたほうがいいでしょう。
また睡眠不足でのホットヨガも避けましょう。
ホットスタジオのただでさえ過酷な環境のなかで、寝不足や体調不良の中ホットヨガをして気分が悪くなったという話をよく聞きます。
ホットヨガをする際は体調を整えて、調子のいい日にホットヨガをしてみましょう。
体調が悪い、寝不足、という場合はリラックス系のヨガに変更したり可能であればお休みしてしまいましょう。

水分補給はちゃんとできていますか?

1時間のホットヨガで流れる汗の量は1リットルと言われています。
なのでヨガの前、ヨガの最中、ヨガの後、しっかりと水分補給をしましょう。
水やお茶よりはイオン水がおすすめです。
市販されているペットボトルのものや水で溶かすもののほか、自分でカロリーなどを調整して作ってもいいでしょう。
イオン水の作り方は
水1リットル
塩 小さじ2/1弱(2g)
砂糖 大さじ2
お好みでレモンやライムを入れてください。
カロリーが気になる場合は砂糖をカロリーゼロのものやハチミツなどに変えて調整してみましょう。
ホットヨガの後に頭痛になる人は水分不足が原因かもしれません。
しっかり水分補給を意識してください。

大人数の教室は避ける

今人気のホットヨガは予約を取るのも大変、というところもあると思います。
ただ、人数が多く部屋いっぱいにヨガマットが広がっている教室だと新鮮な空気が少なくなります。
出来るだけ人数の少ない教室を選びましょう。
人数が少ないとインストラクターの方も一人一人よく見えて無理の無いよう声掛けをしてくれたりします。

無理をしない

ほとんどのヨガ教室のプログラムは1つ1時間以上です。
ホットヨガの場合も同じです。
はじめはじんわりとした汗が気持ちいいかもしれませんが、1時間もいるとしんどくなってきます。
ただでさえ熱い室内、その中でヨガをしていると頭がぼーっとしくる場合もあります。
慣れない場合、無理しないよう途中で休憩しましょう。
マットの上に座ってもいいですし、無理なようなら退室しましょう。

まずは週1回から始めてみましょう

体の無理のない程度に週1回から始めてみましょう。
効果が大きいからと言って続けていっては体に大きな負担がかかってしまいます。
慣れるまでは無理のない期間をあけてみてください。

食べ過ぎていませんか?

ホットヨガの前の食事は抜くのもNGですが食べ過ぎるのもNGです。
食事を抜くとエネルギー不足になり貧血になってしまいます。
また食べ過ぎるとヨガ中に気分が悪くなってしまう可能性があります。
直前の食事は避け、ほどよく腹7分目ぐらいの食事をしましょう。

ヨガの効果を期待するなら

ホットヨガの効果はうれしいものばかりです。
ダイエットやストレス発散、デトックス効果、便秘解消など女性が好みそうなものばかりですが、
その分、体に掛かる負担が大きくなります。
まずはホットではない常温のヨガを始めてみましょう。
普通のヨガでもダイエットや姿勢改善、冷え性改善、肩こり、むくみの解消、リラックスなど得られる効果も十分あります。
ヨガに慣れてから、体調のいい日にホットヨガにチャレンジしてみてください。
十分の睡眠、十分の水分補給を忘れずに。