断食ダイエット?筋トレダイエット?どっちがいいか比べてみました。

世の中に出回っているダイエットって大きく分けて2通りだと思います。

断食するダイエット。
筋トレをするダイエット。

どちらにしても、目に見えて体重は減ります。

でもダイエットの大敵と言えばリバウンド。
リバウンドしないためにも痩せるメカニズムを知っておきましょう。

断食・食べる量を減らすとなぜ痩せるのか。

断食には腸や胃の休息など、ダイエットと違った目的で実施されることがあります。
腸や胃を休ませることによって、味覚が正常になり普段の生活で麻痺していた塩分や糖分の取り過ぎを元に戻すことができます。
また病気の治療としても実施されることもあります。

ただ、私たちの目的はダイエット。
断食することで体重を減らすことが出来ますが、その後以前と同じような生活をしていると自然に体重は戻ります。
断食することで減るのは筋肉です。
また体に必要な栄養分まで減ってしまうので肌荒れ、抜け毛切れ毛、爪が弱くなる。
あまり長期間続けると骨や血液などにも必要な栄養が行きわたらなくなるという状態になってしまいます。

※ちなみに絶食と断食の違いですが、絶食は健康診断の前など胃に何も入っていない状態にしなければいけない時に行うもので、摂取していいものは水かお茶です。断食は絶食と違い栄養は酵素ドリンクやスムージー、野菜ジュースなど液体で摂取可能で胃の負担を減らすことが目的です。

絶食をすると得られる効果としては、目に見えた体重の減少、味覚をリセットし甘すぎるもの塩分の多いものなどの取り過ぎをリセットすることが出来ます。また満腹中枢をリセットすることもでき、胃が小さくなるという効果があります。胃が小さくなることで普段取り過ぎているカロリーなどを減少されることが期待できます。

断食には正しい方法が必要です。
断食には準備食、断食の期間、断食中のルール、回復食などを勉強することが必要です。
また断食中は栄養を十分に取ることが出来ないので、集中力の低下、精神の不安定、体力・筋力が減るなど日常生活に影響が出てきますので、太っていること以外は健康な状態で、仕事や学校に行かなくてもいい用事のない週末や長期休暇などで行うようにしましょう。
また断食では体重の減少は期待できますが、二の腕や太もも、など部分痩せは期待できません。
ただ、おなか回りなどは比較的に目に見えた変化があるのではないかと思われます。

正しい断食方法

まず準備食です。
断食を行う1~3日前から取る食事の事です。
出来るだけ胃に負担がかからない食事を腹8分までに抑え、脂っこい食事やアルコール、お菓子などをやめてください。
基本的には和食を中心に、前日の夜はスープやお粥など胃にやさしい食事にしましょう。

断食の期間は半日、1日~3日間です。
長くても3日以上は行わないようにしましょう。

期間中は酵素ドリンクやスムージー、野菜ジュースなど液体の物以外、固形物は食べないようにしましょう。
また期間の短い半日、一日断食の場合、期間中に軽い筋トレなどの運動をすると、筋力低下を抑えられ、代謝を上げることが出来ると言われています。
ただし、断食中なので負荷の掛かる激しい筋トレではなく、腹筋や腕立てなどを軽く行うようにしましょう。

部分痩せ出来る?筋トレダイエット

運動するとエネルギーが消費され脂肪が燃焼します。
スポーツなどをしなくても、日々の生活の動きでも脂肪は燃焼されます。
脂肪を燃焼することで体重が減り、脂肪が減ります。
ただ、脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要です。
筋肉があればあるほど、脂肪を燃焼する効率が上がります。
筋トレをして痩せる、というのは筋肉を付けるだけが目的ではなく、筋肉を付けることによって脂肪燃焼率を上げる、というのが目的です。
また、脂肪は筋肉に比べて軽いですが体積は大きいです。
なので筋肉の少ない体は太って見えます。
二の腕、足の肉が気になる場合は気になる部分を鍛えると、見た目細くなるのにプラスして脂肪の燃焼が働き痩せて見えるという事です。
なので、体重の変化はなくても見た目の変化が現れるのが筋トレダイエットの特徴です。
また筋力は歳を重ねるごとに減っていきます。
なので若いときはちょっと運動しただけで減っていた体重が、歳を取るごとに運動しても痩せない、普通の生活をしていても太っていく、という事態に陥るわけです。

筋力は筋トレをすることで破壊されます。破壊された筋肉はタンパク質を摂取することで補修、増強されます。
筋トレの後に起こる筋肉痛は筋肉が破壊されていることの証明です。
筋肉を破壊→たんぱく質を摂取→補修・増強 を繰り返すことで筋肉は増えていきます。

筋トレダイエットは筋肉量を増やし脂肪燃焼率を上げることで、健康的に痩せることが出来るダイエットです。

ただ、断食と違ったデメリットとして効果が出るのに時間がかかります。
断食は3日ほどで目に見えた体重の減少を期待できますが、筋トレダイエットは効果が出るまで2~3か月ほどの時間がかかります。
途中で挫折してしまう人が多いので筋トレダイエットより断食ダイエットの方へ進む方が多いのだと思われます。

ダイエットのススメ

断食ダイエット、筋トレダイエット、結局どっちがいいの?
と悩まれる方が多いと思います。
結局、3日という短期間でつらい思いが短く効果が出やすい断食ダイエットの人気が高いです。
ただ、断食ダイエットでは栄養のバランスや健康状態にも左右しますし、美容面でも不安が多いです。
なので、やっぱり長期的な筋トレダイエットが本当は理想です。
ただ、中途半端に始めてしまうと効果も少なく、辛い思いだけ残ってしまったという残念な結果になってしまいますので要注意です。

ただ、筋肉をつけると脂肪燃焼率が上がる、筋肉には筋トレとタンパク質摂取が重要、食べる量を減らすと目に見えた体重減少が期待できる、食べないことによって味覚・満腹中枢がリセットされる、など、基本的な情報をベースに自分なりのダイエット方法を見つけていけばいいと思います。

Shareこの記事をシェアしよう!